2017年07月07日

ジェイド:三種の神器・前編

0707b.jpg


六月末からのストーリーイベント、『俺たちのレンジャーサイン!』、始まる前は夏だし、そろそろギャグ路線に来るのかと思っていましたが。
ウェルダーさん自身が登場当時からギャグキャラっぽかったですし。
でも、いやいや、いい話でした。

ウェルダーさんの活躍が何より勇ましく、いじらしく、勝手にフォレストレンジャーを名乗っているだけかと思っていましたが、実は村の人々から頼りにされていたという。
頼りにします、あの実力があれば。

今回、メインシナリオでのウェルダーさん登場時から張られていた伏線、星晶獣ジェイドの話が三年目にしてようやく解かれました。
正直、運営側もひょっとして忘れているのでは?と思ったり思わなかったり。

そのジェイド、かわいらしい姿で、でもどっかで見たことあるけど、言及してはいけない気もする。
0707a.jpg


ですから、姿ではなく、名前からちょっと探っていきます。
ジェイド、英語ですとJade、翡翠という意味です。

ただ、少し調べると、翡翠と言うのはもともとは鳥のカワセミの意というのがわかりました。
0707c.jpg


その美しい青色や暗緑色の羽に似た色彩を持つ鉱石に相応しいとして、その名が付けられたのだそう。
0707d.jpg


ジェイド君の瞳の色が翡翠色だから、そう名付けたのかな。

ところでこの翡翠ですが、約一年前、鉱石業界を騒然とさせました。(多分)
というのも、なんと、日本の国石に選ばれたからです。
……全然凄さが分かりませんが、そうらしいです。

2016年9月24日、日本鉱物科学会の総会にて、水晶との決選投票の末、翡翠の方が票をより多く集め、日本の石=国石と決定したそうな。
縄文時代から勾玉として祭祀の際や宝飾品として使われた歴史のある鉱石です。
選ばれるだけの理由はあります。




と、日本国の石となれば、思い至るのが、三種の神器。
確か、剣と玉と鏡の三種のはず。
国石というのだから、この玉、正式名称・八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)は翡翠でできているのでは?と想像されます。

が、そういった予想はあっさり覆りました。
八尺瓊勾玉の中にある「瓊」の文字、これは赤い玉を意味するとのこと。
翡翠はどこから見ても赤くありません。

ですから、三種の神器のうちの八尺瓊勾玉は、古代勾玉に多く使われた翡翠ではなく、瑪瑙(メノウ)ではないかという説が有力なよう。
0707f.jpg


ただ、八尺瓊勾玉、それから他二種の神器、八咫鏡(ヤタノカガミ)、草薙剣(クサナギノツルギ)の実物は天皇陛下ですら実見を許されないものなので、本当に勾玉が瑪瑙製なのかは不明とのこと。

ちなみに、鉱石の貴重さとしては瑪瑙より翡翠の方が格上のようです。
というのも、宝石の取引上の分類では、四大宝石と呼ばれる、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドを始めとした希少なものを貴石といい、そこに翡翠は入っていますが、瑪瑙は違います。
瑪瑙は、半貴石と言って、幾分貴重さが下がるようです。

もっとも、瑪瑙という種がありふれているためというせいもあり、中には「本当に」綺麗な瑪瑙もあることだってあります。
それを使った勾玉が三種の神器に選らばれた可能性だってあるのです。

珍しいから即採用という即物さがないぶん、より神聖さが高まる気もします。

気になるのは、記事名に「三種の神器」と入れてしまったこと。
詳しく調べるまでは、三種の神器のうちの八尺瓊勾玉は翡翠製という説がよく目に付いたから、勢いで書いてしまいました。
調べるにつれて、瑪瑙製説の方が有力なのでは、と判明してきました。
ただ、実は「三種の神器・後編」として書きたい記事もあり、今更消すのももったいないと思い、そのままにします。
お手柔らかに、お願い致します。




posted by Loucina at 00:00| Comment(0) | グランブルーファンタジー | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

インドラリム

インドの神話、聖典や叙事詩の中で最重要な文献として、「リグ・ヴェーダ」、「マハーバーラタ」、「ラーマーヤナ」の三つが挙げられます。
正確に言えば、リグ・ヴェーダが全十巻の神々への讃歌集、マハーバーラタ、ラーマヤーナが叙事詩となります。

今回取り上げたインドラリムの中にある語、インドラはリグ・ヴェーダの実に四分の一を割いて讃えられる神だという。神々の中の王として君臨しています。
indra2.jpg

雷神であるインドラは、ギリシャ神話のゼウス、
0627a.jpg

北欧神話のトールに相当します。
0615g.jpg


インドラは後に仏教に取り入れられ、「帝釈天」の名を持つようになります。
神々の中の王だけあって、「帝」の文字が使われているのです。

インドラ?
知らない……。
そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、絶対にその名前は聞いたことがあるはずです。
特にグランブルーファンタジーをプレイしている方は。

グランブルーファンタジーの舞台、何かに似ていると思われます。
空中に浮かんだ島々。
ゆったりと雲と共に揺蕩う大地。

そう、天空の城ラピュタ、です。映画内で「インドラ」という言葉が使われているのです。
0627b.jpg


その映画内でどこにインドラが出て来るかというと、ラスト間際、ラピュタの本性である「恐るべき科学力で天空にあり、全地上を支配した、恐怖の帝国」(ムスカ談)の力を示すシーンで、やはりムスカ大佐が「ラピュタの雷」を放った後で言うのです。

「旧約聖書にある、ソドムとゴモラを滅ぼした、天の火だよ。ラーマ・ヤーナでは、インドラの矢とも伝えているがね」と。

リグ・ヴェーダで讃えられているインドラは、ラーマ・ヤーナ(あるいはラーマ・ヤナ)では天空の神という設定です。
主人公のラーマが鬼神クンバカルナを倒す時の武器の名前が「インドラの矢」だったそうな。




以上の理由から、インドラの名前を冠するグランブルーファンタジーの武器「インドラリム」は弓矢になったのかと。
こちらは、対ガルーダ戦のドロップか、武勲の輝きでの交換品です。

ここで疑問が浮かんできます。
インドラ、リム?

リムって何だろう?と。

ちなみに英語版だとこうなります。
indra1.jpg


Indra's Edge。
インドラのエッジ=刃という意味かと。

リムじゃないのです。
リムは英語でrimかな。
意味は、「へり」、「縁(ふち)」。
そして、edgeには第二義として、同じ「へり」、「縁」という意味があります。
これかな?
インドラエッジより、インドラリムの方が言いやすい気はします。
が、rimには「刃」の意味は(多分)ないので、ちょっと違ってくるような。

もしかしたら、私が見付けられなかっただけで、神話上でそのまま「インドラリム」という武器や現象があるのかもしれません。
ですから、上の記述はあくまでも仮説になります。

posted by Loucina at 20:00| Comment(0) | グランブルーファンタジー | 更新情報をチェックする