2017年12月25日

ディアボロス撃滅戦:エニグマについて

ki58.jpg


ディアボロス撃滅戦で、ゼノ・ディアボロスが通常時に使ってくる特殊技がエニグマ。

ラテン語のaenigma(アエニグマ)から派生し、西欧語となったもの、らしいです。原義は「謎」。原義がわからないという意味ではなく、まさしく「謎」という意味を持っているのです。

そして、第二次世界大戦時、ナチスが用いた難攻不落の暗号期がこのエニグマでした。

それまで、暗号の解読と言えば「言語学者」の領域だとされてきました。
例えば1799年エジプトのロゼッタで発見され、解読に多くの人が携わったロゼッタストーンについてです。
ki59.jpg


これを解読したと言われているのは、「言語学者」であるジャン=フランソワ・シャンポリオンでした。
神聖文字(ヒエログリフ)や民衆文字、ギリシャ文字が合わさったこの碑文の解読にも興味深い話はあるのですが、今回はエニグマの話です。ひとまずそれは置いておきます。

エニグマが作成した暗号を解読するのに、もちろん「言語学者」も動員されたでしょう。
けれど、現実に解読に成功したのは、イギリスの「数学者」アラン・チューニングでした。
それまでとは異なったアプローチがエニグマの壁には必要とされていたのです。

アラン・チューニングの生涯を眺めると、まるで映画のようにドラマチックな展開が多く、まさにエニグマを解読するために神様がこの世に顕在化させたように思えるほどです。

映画のよう、と言いましたが、調べると、本当に映画化されていました。
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』という題で2014年に公開されていたそう。
興味を惹かれたので実際に見てみました。
控え目に言って、すごい面白い。
映画のストーリーに飲み込まれました。

アラン・チューニングの人格形成やエニグマ解読への足場となる数学者としての情熱に、大きな影響を及ぼしたのは、彼が同性愛者だったということ。
エニグマ暗号を解読しなければ、1400万人の命が失われたといいます。
それを救ったのが、アラン・チューニングのとある学友に対する愛情にあったと言えるよう。
彼は十代の頃、英国シャーボーン学校で共に勉強をしていた親友クリストファー・モルコムに恋をします。

けれど、最終学年に入った時、クリストファーは結核症を患って命を落としてしまいます。
悲しみに暮れたアラン・チューニングは、そこから数学の道へ脇目も振らずに邁進していきます。
その情熱のもととなったのは、やがて自らも死に、天国へ行き着いた時、学友であり思慕の対象でもあったクリストファーとまた数学の話をしたいため、という説もあるよう。

けれど、もっと切実な思いから数学の道を駆け上っていたという話もあります。
それが、人工知能の再現。

コンピューターなどなかった時代です。
けれど、現実にアラン・チューニングが構築した発明し、「クリストファー」と名付けた解読機はスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツが世界に普及させた「コンピューター」の原型ともいえるほどの完成度を誇っていたそう。

これは、誇張でも何でもなく、アランの死後、彼が働いたマンチェスター大学に隣接するサックビル・パークの銅像に添えられた碑文からもうかがえます。
ki60.jpg


Father of Computer Science、コンピューター科学の父、と思いっきり書いてありますし。

彼が開発した解読機の名前の由来は、もちろんクリストファー・モルコムから採ったのでしょう。
アラン・チューニングは、機器の中でクリストファーとの再会を望んでいたのかもしれません。
だからこそ、彼が得意とする数字の世界に飛び込み、そこから最愛の人の電気信号を再現したいと考えたのかと。

一種異常に思えるほどの執念です。天才と異常者とは紙一重と言いますが、まさに彼がそう言えそうです。
彼が同性愛者でなければ、ナチスが世界を侵略し、歴史が変わっていたかもしれないと思うと、愛の形などほんの些細な問題に思えます。




けれど、戦後の1952年アラン・チューニングは同性愛の罪で(当時は同性愛が違法だったのです)逮捕されたとのこと。
歴史は皮肉です。
留置所に入れられるか、科学的に去勢されるかを選ばせられた彼は、後者を選択します。
女性ホルモンを投与され、去勢されたのです。

その二年後の1954年、アラン・チューニングは青酸カリを塗ったリンゴを齧り、自殺したと言われています。
そう、言われているだけで、確定されてはいないのです。

ナチスの暗号機エニグマを解読したことで、彼は連合国にとってある意味では深入りし過ぎた人物だったのかもしれません。
連合国側の内情を知り過ぎていたと言えるのです。
ですから、彼の死は自殺に見せかけた他殺という説もあったり、単に事故だったという説もあります。

ただ、今回こうして見てくると、アラン・チューニングにとって、連合国なんて目に入っていなかったようにも思えます。
純粋に数学の道を極めて人工知能を開発させたいという想いに突き動かされて、結果的にエニグマを解読し、結果的に連合国側に勝利をもたらしただけ、とも見えます。

彼の情熱は、もっと局地的で、もっと個人的なものだったのでは?
だから、たとえ知りすぎた人であったとしても、周囲が思う以上にアランはそれに頓着していなかったのではないかと思えます。

ちなみに、同性愛者としての彼の罪は、2013年12月24日にエリザベス2世女王の名をもって正式に恩赦が発効され、消えました。
罪を受けてから、実に半世紀以上経ってからのことです。

それにしても、……圧巻です、アラン・チューニングの人生は。

ここに書ききれなかったことも、沢山あります。
沢山のサイトを見て、まとめたのですが、漏れもいっぱいあると思います。
私自身、もっと調べたくなりましたし。ですから、この記事だけで全部ではないと言うことをお知らせしておきます。

エニグマ解読については、まだ興味深い話があります。

連合国側は、アラン・チューニングの解読機によってエニグマの暗号を解読できたのですが、それは徹底的に秘密とされました。
けれど、ナチス側も自分たちの作戦が筒抜けになっていることには気付くでしょう。

そこで、連合国側はあくまでもエニグマは未解読であると装い、架空のスパイをでっち上げ、彼の功績を称えて報酬を引き上げるという電報を打ちます。
それを入手したナチス側は(連合国側はわざと入手させたのでしょう)、エニグマは解読されていないと安心し、その後も同じ暗号機を使い続けたというのです。

こうして、連合国側はナチスに、スパイにさえ気を付ければ、自分たちの作戦が漏れることはない、と思い込ませることに成功したのです。
結果、1943年の対Uボート戦では多大な成功を成し遂げ、被害を最小に済ませることが出来たといいます。

噂ですが、時の首相チャーチルは、エニグマ解読をナチスに知らせないために、 コベントリーの町に空襲があることをその解読で事前に知りながらも、対策を敢えてせずに、この町を犠牲にしたという話もあるほどです。
それほどエニグマの解読と言うのは、当時における最高機密だったわけです。


と、書いてきましたが、この記事、別の私のブログから流用したものです。
たまたまエニグマという単語が目に入ったので、私的パクりです。

ただ、チューニングの功績は広く知られるべきかと考え、こちらでも載せてみたまでで。
posted by Loucina at 13:32| 討滅戦 | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

エゼクレイン

1002f.jpg

2017年9月末より開催しているイベント『パープル・スケール』。
パープルは紫、スケールは、……?
scaleで、そのままスケール=縮尺という意味もあります。
目盛りや規模、といった意味も。
よくわからないので、英語版にして題名を見てみると、こちらは『Violet Violence』となっていて余計ややこしいことに。
scaleには秤という意味もあるから、これなのかな……?と思う次第。

そのイベントに主演出演のエゼクレインさん。
いたなぁ……こんなキャラ……というのがまず第一印象。
手持ちのキャラクターにもいらっしゃいますが、アビリティの構成が運任せな部分があり、あまり使っていなかったのが実情。

ですが、今回加入の彼は確かに運任せのアビリティもありますが、メンバーを弱体化させるものがないため大幅に使いやすくなっており。
その分強化の種類は少なくなっていますが、味方に毒とか無くて、こちらの方が安心できる使用感なような気もします。
そんな彼の奥義やアビリティ名について意味が取りにくいものを探っていきます。




まず奥義が、チェイン・ヴァンジャンス。
1002c.jpg

英語版だと、chain vengeance。鎖の復讐となります。
村を滅ぼしたものに向ける復讐の鎖、そういった意味でしょう。

第一アビリティは、チェイングレイズ。
1002d.jpg

chain grazeと綴って、鎖で掠ること。
擦過傷を与えることです。
命を奪うまでは行かない、でも相手を苦しめる。
復讐者には相応しいのでは。

第二アビリティは、ロイヒテン。
1002e.jpg

ロイヒテン、この音の響きからドイツ語っぽいと感じられるようになりました。
実際調べるとその通りで、leuchtenと綴って、ドイツ語で「輝き」の意。
見るからに闇属性っぽい彼ですが、かろうじてこのアビリティで光属性に踏みとどまっているような気もします。


posted by Loucina at 15:18| キャラクター | 更新情報をチェックする