2017年10月17日

目次

cf16last.jpg









posted by Loucina at 00:00| Comment(0) | Chemins forestiers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

ゼノ・イフリート撃滅戦を終えて〜優しさと三段論法〜

0218k.jpg


ゼノ・イフリート撃滅戦、終了です。

成果はというと、それはひとまず置いといて。

中途半端な優しさが一番人を傷付けるんだよ。

映画やドラマ、小説でそんなセリフをよく聞く気がします。

主人公の男性が女友達に思いがけない負担を負わせてしまった時に、その男性の友達がそう言うんです、大体。

「お前の身勝手な優しさが、結局あの子を追い詰めたんだ」という風に。

拗ねたように、でも思い当たる節がある主人公はあらぬ方向を向いて密かに決意するのです。

次からは全力であの子に優しくしよう、と。

と、そこまで昇華する前の未熟な優しさを受けたのが私です。

なぜか?

これです。

0222a.jpg


右下に今回のイベントのメイン報酬武器・「六道・灼滅天の刃鎌」が並んでいるのが見えると思います。

一つは真化させ、もう一つは第二段階までの解放で終わっています。

そう終わっているんです。

イベント初日、二日目でポロポロと一個ずつドロップしたので交換分と合わせてここまで解放できたのですが、そこから先へは進めなかった。

開始早々の連続ドロップという優しさを真に受けて、それが本物の優しさだと思い込んで恋愛の深みにはまっていく哀れな役柄、そんなイメージでしょうか。

最終日は久々に長時間プレイしました。それまでは、時間があればチョコチョコという感じでしたが、昨日はきちんと予定をやりくりしてまとまった時の中で奮闘していたのですが、結局駄目でした。

ギリギリの時間まで粘ったのですが。

最後の一個が落ちません。

変な優しさを受けると、諦め時が難しいです。

傷ついて、沢山の血が流れました。比喩的に言えば。

実際流れたのはエリクシールでしたが。

でも、学びました。

と言いつつ、あと二三回失敗を繰り返してようやく本当に身につく人生教訓だと思いますが。






さらに言えば、こちらです。
0222b.jpg


このイベント前まで、火属性の鍵ともなっていたアンノウン枠の武器・ブラックアックス。

開催直前にレベル150まで上げたんです。二つも

というのも、ゼノ・イフリート撃滅戦の予告がされ、報酬武器は「真化」と「最終解放」の二ルートがあると発表された時に、

真化ならば、古戦場武器の〇〇・真

古戦場武器は通常攻刃枠である

ゆえに、ゼノ・イフリート撃滅戦の報酬武器が「真化」させられるならばそれは通常攻刃枠である

との勝手な三段論法が頭に思い浮かんで、アンノウン枠のブラックアックスは絶対に腐らないだろう、と思ったんです。

ところが……。

この世に絶対はないですね。

灼滅天の刃鎌もアンノウン枠=Ex枠(と言うらしい?)だとは思いもせず。

こういうことが実人生で起これば落ち込みそうですが、よかった、ゲームの中で。


posted by Loucina at 14:00| グランブルーファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする