2016年06月30日

再開:そして、邂逅……

r1.jpg

6月28日、第Ⅳクラスのジョブ、スパルタと
kb10.jpg

ウォーロックが
kb9.jpg
追加されたとのこと。

スパルタは、ペルシア戦争でのスパルタ軍の軍装から来ているかと。
kb8.jpg

ウォーロックは、英語で魔女を表す「witch」に対応して、男性の魔女(というか魔男)を表す「warlock」から来ているのでしょう。

が、私には無縁という悲しい事実。

二か月前、新ジョブ取得のハードルが高過ぎて、とてもついていけないと隠居生活に入ったほど。

季節は移り、春から夏へ。

グランブルーファンタジー・ロスから立ち直り、というか、やめた直後の解放感は半端じゃなかったですが。

どうしてあんなに熱心に、ある意味日常を犠牲にしてまでゲームをしてたのか、不思議に思うほど。

そういったわけで、「ねこあつめ」をするだけだったりと、
r2.jpg

ゲーム控え目の平穏な日常を送っていたのですが、ふとTwitterを見るとトレンドに

「ロザミア」

とあるじゃありませんか。

ず~~~っとブログで書いて来たので、何度目かの繰り返しになりますが、彼女こそが私の一番のお気に入りキャラでした。

グランブルーファンタジーの宣伝で、ロザミアさんのイラストが使われていて、「綺麗な絵」と思ったのがゲームを始めたきっかけです。

そして、ラカムさんに惚れ込み、腐にならないまでも、どっぷりこの世界観に浸かることになったと。

私がゲームを始めた時、ちょうど第一回『蛇神の島に響く歌』イベント開催時で、そこでのラカムさんが、めちゃくちゃイケメンだったんですよね。

なので、ロザミアさん&ラカムさんコンビのどちらかがピックアップされているのであれば、戻ってこないわけにはいきません。特にロザミアさん。

そういった経緯から復帰したのですが、驚くほど変わってない。

ディフェンドオーダーは追加されていますが、参加した途端メンテナンスに入ってしまうという別の意味での驚きもあり。

ダメージカットアビリティや、シャルロッテ団長のソード・オブ・リュミエールのエフェクトが変わっていたりと細かな仕様変更はあったようですが、全体的には変化がないのですんなりと戻ることができました。

まずはSSRのロザミアさんを引き当てるための宝晶石稼ぎを始め、一応取れるだけの物は取ったはず。
kb11.jpg

5,608個。あとは『ロボミ』イベントで400個稼げば、十連ガチャを二回引けます。







そして、午後七時『ロボミ外伝』イベント開始です。

すいません、ストーリーとか全飛ばしでただ宝晶石稼ぎに走りました。

なんというか、色々な意味で早く終わらせたかったんです、全部。

新ジョブを取るにはショップでの銀天の輝きが追加され、
kb16.jpg

いくらか緩和されたようですが、どっちにしてもジ・オーダー・グランデ戦に何度か参加しないといけないと。

そして、それはプレイヤー人口が多い夜に主に流れてくるのでしょう。

アクティブプレイヤーの多い団ならば、結構流れる時間、流す時間もわかるので、参加しやすいかもしれません。

けれど、私は夜に参加できませんし、もう団に入るつもりもないので、新ジョブは取れないと決まり。

運営さんとしては、十天衆と同じノリでハードルの高い素材集めを設定したのでしょうが、十天はいわばおまけです。
kb24.jpg

いれば心強いですが、いなくてもゲームは楽しめます。

課金十天衆もいますし……。
kb23.jpg
これ、拾いものですが、作った方すごいな、と。すいません、勝手に使って。

でも、新ジョブって、いわばゲームの土台に関わるもので。

1:HLという超難関クエスト実装しました

2:だからジョブも強いの用意します

3:でも、取得は超難しいです。取得にはコミュニケーション能力とゴールデンタイムでのゲーム参加必須です

という心算だったのかもしれません。

となると、3の段階で弾かれた私としては参加資格がなく。

いいです、それならそれで。

ならば、早く終わらせるだけです。

どれだけ強くなっても、することが決まっていてルーチンワークしかありませんし。

SSRロザミアさんが取れたら、Rロザミアさんを見て始めたグランブルーファンタジーで、SSRにまで育った彼女と共に『ロボミ外伝』イベントを完走して有終の美を飾れるかと。

取れなかったら、うん、撤収です。

そういうことから、ストーリー全飛ばしで素早くイベントを周り、ガチャを二回回せるだけの宝晶石を回収。
kb17.jpg

即回します。
kb18.jpg

十連二回分です。
kb19.jpg

一回目。
kb20.jpg

そ、そっか、という感想。

二回目。
kb21.jpg

うん、妥当です。

チケットがあるので、それも使います。
kb22.jpg

めぼしいのは、
kb25.jpg
このくらいでした。





後記

その後、ヒヒイロカネのドロップ率が急増したというバグ(なのかな?)があり、お詫びの十連ガチャチケットと宝晶石1,000個と、あと何だったかな、エリクシールとかが貰えました。

時は、ロザミアさん出現率アップ期間です。

今回さずに、いつ回すのかと、やはり即回します。

以前ならば、宝晶石は3,000個溜まるまで意地でも回しませんでしたが、今はもうそんなこと考えません。

まず、1,000個分なので、300宝晶石ガチャ×3です。

二回目に虹色のクリスタル演出が。

当然ロザミアさんを期待します。

けれど、出たのは、

r11.jpg

メーテラ姉さま・火属性。

すごい運がいい、それはわかりますが、そうじゃない……。

ロザミアさん以外眼中にありません。

ですから、十連ガチャチケットも使います。

と、こちらでも虹色の演出。

r4.jpg

出現率アップ期間でもないのに、SSRメーテラ姉さまが来たくらいです。

ロザミアさん、今度こそ出るだろうと高をくくっていました。

そして、邂逅です。

残念ながら、ロザミアさんではなかったものの、

あの、


最強、


(という設定があるような)、


超有名な、


キャラ、


(ネタ枠)の、





r6.jpg

ガンダゴウザさん……。

最後の最後でこう来ましたか、という感想。

でも、調べると、調整が入って普通に強いキャラになってるんですね。

それはそれでいいんですが、なぜロザミアさん出現率アップ期間に、火属性SSRキャラ二人もいらしゃるのか。

他は、

r8.jpg

女子高生と、薬師のシャオさんが来ました。
r7.jpg

女子高……?の前に、高校があるのかな、この世界には、という疑問もありますが、アイドルがいるくらいです。ロボットもいるし、怪獣もいる……。高校くらい余裕です、きっと。



残念というより、これでようやく解放される、という気持ちの方が強いという……。

とりあえず、また一段落です。

SSR以上のロザミアさんが実装されたら帰ってくるでしょうし。

それ以外に、何か調べたくなったら帰ってきます。

設定や事物の名称は、かなり奥深いものがあるので、いくらでも調べようと思えば調べられそうですし。
posted by Loucina at 19:15| Comment(4) | グランブルーファンタジー | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

究竟:その意外な身近さ

kb6.jpg

ジョブマスターピースのレプリカ交換に使われる『究竟の証』。

究竟、いきなり登場して、まず読みがわからず。

調べて、「くきょう」、あるいは「くっきょう」とわかるものの、はっきりした意味が取れなかったり。

でも、栄光の証、覇者の証と組み合わせて交換出来ることから、それら「栄光」や「覇者」以上の意味だろうとは予想できます。

例えば、「究極」と同義かな、などなど。

大辞泉によれば、「究竟」は、「物事をきわめた、最高のところ」という意。

やはり究極といった意味があります。

仏教用語でも、「最上の」や「最後に到達するところ」といった意味を持ちます。

かの空海和尚も、『大日経』の教えの粋として、

「菩提心を因と為し、大悲を根と為し、方便を究竟と為す」

と伝えています。

ええ、意味不明です。

色々な文献で解釈が紹介されているので、かみ砕いて言うと、

菩提心を=悟りを求める心を 因と為し=原因、理由とし、

大悲を=衆生(=生きとし生ける者全て)に対する慈悲を 根と為し=生き方の根本に据え、

方便を=具体的、実際的な行動こそが 究竟と為す=最上のものである

といった意味合いかな、と。

相変わらず知ったかぶりの思い違いかもしれませんが、要は「悟りを開こうという心だけでなく、また、自分のことだけを考えるのではなく、周囲のことも考え、さらに、考えるだけではなく、実際に具体的な行動を起こすことが最も尊い行いなのだ」という意味なんじゃないかと。

なんというか、意識高い系の方が好きそうな言葉です。

そして、本当に意識が高い人は、これを口に出したり、こんな風にブログに書いたりせずに、当たり前のこととして実践しているんですよね……。

まあ、いいや……。






さて、この「究竟」ですが、あまり馴染みがないように思えます。

が、実はグランブルーファンタジーをプレイしているくらいの日本人ならば、きっと全員がこの「究竟」という名前を持った構造物を目にしているはずなのです。

というのを、この二か月間のゲーム休止中に私は知りました。

きっかけは三島由紀夫の代表作『金閣寺』。

中学生の頃に買った文庫本ですが、読んですぐに挫折。

高校の頃に意気込んで読み直そうとしたものの、また挫折。

結構観念的な話が多いので、難しく読んでしまうと、どこまでも難解になるような本、だと思います。

以後二年おきくらいに挑戦しては挫折してきたんですが、何とかこの春読み通すことができ。

でも、多分理解はしていません。

ともあれ、その中で、「究竟」という言葉が何度も出てきたんです。

金閣寺の三階部分を指す語として。

そう、実は金閣寺の三階、というか、正確に言うと三層部分は「究竟頂」(くっきょうちょう)と称されているのです。運営さんはここから採ったのかな?いや、違うっぽいですが。
kb5.jpg
そこに仏舎利(=釈迦が入滅した際の遺骨、遺灰)が安置されており、この層だけが内面も外面も金箔張りなのだそう。

ちなみに、一層目は寝殿造の「法水院(ほっすいいん)」、二層目は武家造りの「潮音洞(ちょうおんどう)」、そして三層目が禅宗様仏堂造りの「究竟頂」となっていると。

寝殿造りは公家(=貴族)の屋敷の造り方です。

そこから、この鹿苑寺金閣を建築した足利義満は、公家・武士・宗教すべての世界で第一に座していることを示すためにこういう入り組んだ建築方式を採ったのだという説があります。

別に、三層目が一番上=隠居して仏の道に入っても自らが一番上にいるのだと示威するために、この順にしたという説もあり。

想像すれば、色々と楽しそうではあります。

posted by Loucina at 16:06| Comment(0) | グランブルーファンタジー | 更新情報をチェックする