2016年11月30日

レスラーのマスターボーナス

11/28に実装されたレスラー。

まさか発表当時のイラストのままだとは思いませんでした。

あれは、ない。(三回くらい言っています)。

そういえば、第Wクラスのジョブに必要なジョブマスターピース武器の属性変更は、前回の半額期間の時に半ば泣きながら行っていました。

どう考えても、緩和しないと諦めて辞めてしまうプレイヤーは多い気がします。

取得した後でもそう思います。

さて、レスラーです。

取ることは取りました。

でも、あのスキンでは使いたくない。

なので、共闘が半額の今、一気にレベル20まで上げてスキン変更にしておこうと思ったところ、ストリートファイト武器を一回使ってチャイナ服スキンを使えば、あのレスラースキンに戻ることはないと気付き。

バグなのか仕様なのか知りません。確か仕様だった気もします。

これは嬉しい誤算でした。

他の武器に変えてもスキンはチャイナ服のまま。

逆に言えば、レスラースキンを使え無くなるのですが、全く問題はありませんでした。

さて、レスラーが強いかどうか。

うーん、そうでもないような?

オーガの時は、敵の攻撃をかわして反撃だったのが、被ダメージで反撃になっているので、そう思ってしまうのかもしれません。

もちろん強い人が使えば強いんでしょう。それは何にでも言えます。

ライトプレイヤーにとっては、メインで使う職ではない気もします。

でも、レベル20まで育て上げた時のマスターボーナス、攻撃力とHPが1%ずつ上がるというのは魅力。

とはいえ、文系の私です。

1%と言ってもどれくらい上がるか即思い浮かびません。

……文系だから、と言い訳のように何度も使ってきましたが、本当は「この私」だから、とも言えるかもしれません。

普通の文系の人はもっと数字に強いかも、と。

ともあれ、レスラーをマスターする前とした後でどれくらい戦力が変わるのかを記録しておこうと、画像をキャプチャしておきました。

それがこちらです。

まず、before。レスラーマスター前です。
1129b.jpg


そして、マスター。
1129c.jpg







どれだけステータスが上がるかというと、1%だから計算すればマスターする前からわかるのでしょうが、これくらい上がっていました。

1129d.jpg


攻撃力を見ると、600近く上がっています。

結構大きいですよね。
posted by Loucina at 00:00| グランブルーファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

ネブカドネザル

1118a.jpg

マニアックで、けれど強力なジョブ、らしいガンスリンガー。

このジョブを最大に生かすことができるのが、ジョブマスターピース武器のネブカドネザル、と聞きます。

私自身持っていませんし、攻略情報を見たりしただけですが、この武器の奥義に「自動リロード」があり、ガンスリンガーのネック、弾切れをほぼ気にしなくて良くなることから、このジョブをマスターするにはどうしても欲しいもの、でしょう。

ところでこのネブカドネザルという名前。

世界史で聞いたことがあるような、ないような。

調べると、在位が紀元前605年から紀元前562年、新バビロニア王国の第二代王だったそう。

ネブカドネザル二世は、エルサレムを滅ぼし、さらにその周縁国も陥落させます。

そして、一帯に住んでいたユダヤ人を捕囚としてバビロニアに強制移住させます。

これが世界史の授業で習った気がする「バビロン捕囚」です。

ネブカドネザルとしては、ユダヤ人の信仰やその影響を削ぎたいという思惑があったようです。

けれど、皮肉なことに、捕囚として連れてこられたユダヤ人は、バビロンの文化に触れ、それを自分たちの宗教観を改めて考える機会として受け止め、ヤハウェを唯一神とするユダヤ教を確立させるに至ります。

やがて、アケメネス朝ペルシャの初代国王であるキュロス二世により捕囚たちは解放され、ここでバビロン捕囚が終わります。




被征服民族にも寛大であったキュロス二世は、ユダヤ人に咎を科すことなく、それゆえに旧約聖書において理想の王として描かれ、メシア(救世主)とも呼ばれます。

ネブカドネザルに話を戻しますが、彼は後年発狂したということで有名です。

私は知りませんでしたが。

ともあれ、もしかしたら、その狂気ゆえにバビロン捕囚といった、いわば宗教弾圧を行ったのかも知りません。

適当ですが。

ネブカドネザルの奥義、カルケミシュ。
1118b.jpg


こちらはきっと、「カルケミシュの戦い」から採られたものでしょう。

新バビロニア王国連合が、エジプト連合国を打ち破った戦いが行われたのが現在のトルコとシリアの国境カルケミシュだったのです。

新バビロニア側を率いたのがネブカドネザル二世。

この戦いで、新バビロニア側は圧勝し、エジプト連合国側は、故郷に帰れた者がいなかったとも言われます。

殲滅させたんですね。

奥義に相応しく、壮絶な名前、なような。

ちなみに、ネブカドネザル「一世」の方が、エラム人によって奪われていたマルドゥーク神像を奪い返し、マルドゥーク崇拝を再興させた王、とのこと。

過日イベント(復刻)の最終解放マルドゥーク、強いような?

キャラ攻撃力と、属性攻撃力の違いがよくわかりませんが。
posted by Loucina at 14:16| グランブルーファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

レジェンドガチャ効果の範囲について

待っていました。この日を。

というか、完全に忘れていて、更新のお知らせを見てギリギリで思い出したというのが実情ですが。

1106.jpg


+1ボーナス付き武器が必ず出るという、レジェンドガチャ開催です。

昔から、ルピガチャの方に表示されているガチャには、レジェンドガチャの効果は及ばないとは聞いていました。

けれど、レジェンドガチャでキャラクター出現率アップの時にルピガチャの方を引いたらキャラが当たったりしたこともあり、半信半疑でいたのです。

なので、いつか証明したいと思っていたところ。

どうすればいいのか考えて、ああ、+1ボーナス付き武器が「必ず」出るという時にルピガチャの方を引いてみて、出なければ、レジェンド効果は及んでいないのだとわかります。

ですから、この証明のためにずっと使わずにいたこれを使います。
1106a.jpg


これで、もし+1武器が出たら、レジェンドガチャ効果はこちらにも及んでいると確認できる、はず。

そこで引いてみると、









1106b.jpg


+1はなし。

先達の仰ったことは確かだったわけです。

ルピガチャの方にあるガチャチケットに、レジェンドガチャ効果は及んでいなかったという。

すごい今更の話ですが、私的に気になっていたので……。

posted by Loucina at 19:26| グランブルーファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする