2017年10月02日

エゼクレイン

1002f.jpg

2017年9月末より開催しているイベント『パープル・スケール』。
パープルは紫、スケールは、……?
scaleで、そのままスケール=縮尺という意味もあります。
目盛りや規模、といった意味も。
よくわからないので、英語版にして題名を見てみると、こちらは『Violet Violence』となっていて余計ややこしいことに。
scaleには秤という意味もあるから、これなのかな……?と思う次第。

そのイベントに主演出演のエゼクレインさん。
いたなぁ……こんなキャラ……というのがまず第一印象。
手持ちのキャラクターにもいらっしゃいますが、アビリティの構成が運任せな部分があり、あまり使っていなかったのが実情。

ですが、今回加入の彼は確かに運任せのアビリティもありますが、メンバーを弱体化させるものがないため大幅に使いやすくなっており。
その分強化の種類は少なくなっていますが、味方に毒とか無くて、こちらの方が安心できる使用感なような気もします。
そんな彼の奥義やアビリティ名について意味が取りにくいものを探っていきます。




まず奥義が、チェイン・ヴァンジャンス。
1002c.jpg

英語版だと、chain vengeance。鎖の復讐となります。
村を滅ぼしたものに向ける復讐の鎖、そういった意味でしょう。

第一アビリティは、チェイングレイズ。
1002d.jpg

chain grazeと綴って、鎖で掠ること。
擦過傷を与えることです。
命を奪うまでは行かない、でも相手を苦しめる。
復讐者には相応しいのでは。

第二アビリティは、ロイヒテン。
1002e.jpg

ロイヒテン、この音の響きからドイツ語っぽいと感じられるようになりました。
実際調べるとその通りで、leuchtenと綴って、ドイツ語で「輝き」の意。
見るからに闇属性っぽい彼ですが、かろうじてこのアビリティで光属性に踏みとどまっているような気もします。




posted by Loucina at 15:18| キャラクター | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。