2017年02月22日

ゼノ・イフリート撃滅戦を終えて〜優しさと三段論法〜

0218k.jpg


ゼノ・イフリート撃滅戦、終了です。

成果はというと、それはひとまず置いといて。

中途半端な優しさが一番人を傷付けるんだよ。

映画やドラマ、小説でそんなセリフをよく聞く気がします。

主人公の男性が女友達に思いがけない負担を負わせてしまった時に、その男性の友達がそう言うんです、大体。

「お前の身勝手な優しさが、結局あの子を追い詰めたんだ」という風に。

拗ねたように、でも思い当たる節がある主人公はあらぬ方向を向いて密かに決意するのです。

次からは全力であの子に優しくしよう、と。

と、そこまで昇華する前の未熟な優しさを受けたのが私です。

なぜか?

これです。

0222a.jpg


右下に今回のイベントのメイン報酬武器・「六道・灼滅天の刃鎌」が並んでいるのが見えると思います。

一つは真化させ、もう一つは第二段階までの解放で終わっています。

そう終わっているんです。

イベント初日、二日目でポロポロと一個ずつドロップしたので交換分と合わせてここまで解放できたのですが、そこから先へは進めなかった。

開始早々の連続ドロップという優しさを真に受けて、それが本物の優しさだと思い込んで恋愛の深みにはまっていく哀れな役柄、そんなイメージでしょうか。

最終日は久々に長時間プレイしました。それまでは、時間があればチョコチョコという感じでしたが、昨日はきちんと予定をやりくりしてまとまった時の中で奮闘していたのですが、結局駄目でした。

ギリギリの時間まで粘ったのですが。

最後の一個が落ちません。

変な優しさを受けると、諦め時が難しいです。

傷ついて、沢山の血が流れました。比喩的に言えば。

実際流れたのはエリクシールでしたが。

でも、学びました。

と言いつつ、あと二三回失敗を繰り返してようやく本当に身につく人生教訓だと思いますが。






さらに言えば、こちらです。
0222b.jpg


このイベント前まで、火属性の鍵ともなっていたアンノウン枠の武器・ブラックアックス。

開催直前にレベル150まで上げたんです。二つも

というのも、ゼノ・イフリート撃滅戦の予告がされ、報酬武器は「真化」と「最終解放」の二ルートがあると発表された時に、

真化ならば、古戦場武器の〇〇・真

古戦場武器は通常攻刃枠である

ゆえに、ゼノ・イフリート撃滅戦の報酬武器が「真化」させられるならばそれは通常攻刃枠である

との勝手な三段論法が頭に思い浮かんで、アンノウン枠のブラックアックスは絶対に腐らないだろう、と思ったんです。

ところが……。

この世に絶対はないですね。

灼滅天の刃鎌もアンノウン枠=Ex枠(と言うらしい?)だとは思いもせず。

こういうことが実人生で起これば落ち込みそうですが、よかった、ゲームの中で。


posted by Loucina at 14:00| グランブルーファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ゼノ・イフリート撃滅戦の息抜き:ユピウピ

0218k.jpg


ゼノ・イフリート撃滅戦も終盤、追い込みの時期です。

ドロップ率が低いのはいいでしょう。

武器交換のアイテム要求数が多いのもよしとします。百歩くらい譲って。

ただ、Hellの出現率がランダムで「滅多に出ない」と「全然出ない」の間くらいの確率なのはちょっといただけないです。

情報源といえば主にTwitterを利用しているのですが、撃滅戦について殺伐としたツイートがよく目に付きます。

でも、もう達観していて、ああ、いつもの風物詩的な……という感じで眺めています。

それで自分が慰められるかというと、そんなことは全然ないのですが。

そんな中にあって唯一といっていい癒しが、Ex戦の1戦目に出てくるユピウピ君。
0218i.jpg


かわいい。

グランブルーファンタジーで一番かわいいキャラといえば、シャルさんだったのですが、
0218l.jpg


それをユピウピ君があっさり抜き去りました。

ビィ君も客観的にはかわいいキャラですが、五コマ漫画でその可愛さを粉砕する性格を露わにしているので、規格外、ランク外です。




さて、このユピウピ、元ネタはメキシコサラマンダーでしょう。
0218m.jpg


別名アホロートル。日本語で「アホ」が付くと、抜けているイメージになってしまいますが、なぜそんな名前なのかを調べると、意外なつながりが見えてきます。

何とつながったかというと、まさかの『舞い歌う五花』のボスだったショロトル様。
160301c.jpg


アホロートルはメキシコで使われているナワトル語でaxolotl(読みはアショロトル)と書きます。

ショロトル=xolotlが太陽神から生贄になることを要求された時に姿を変えて水=atlの中へ逃れたことから、atl+xolotlで、axolotlとなったそうな。

言われてみれば、xolotl=犬っぽいような気もしないでもないです。

と、ここまでは姿の由来について。

次に名前の由来です。

ユピウピ、Twitter監視していると、一戦目に出てくるウーパールーパーみたいなのがかわいい、というコメントをよく目にします。

ウーパールーパーって……?微かに聞いたことがあるような、ないような。

日本ですとメキシコサラマンダーの通称がウーパールーパーなんですね。

なんでも、このウーパールーパーというのは商標名で、元々はスーパールーパーにするつもりだったのが、当時「スーパー」の付く商標が多数出願されていて、登録までに時間がかかるから「ス」を「ウ」に変えて素早く手続きを行ったためにそう定着したそうな。

ルーパーは、looperで「シャクトリムシ」という英語のようです。

原義は超シャクトリムシになってしまいますが、シャクトリ……ではないような?

ともあれ、かわいいです。一時の癒しにはなります。

アホロートルという名前が定着しなかったのは、昭和期にロートルは老人のことを意味していたらしく(聞いたことないですが、中国語で「老人」を意味する老頭児から由来するそうです)、アホ&老人と合体させてしまうのはまずいという説を見付けました。

アホロートルとウーパールーパー、響きからして後者が圧倒的に「らしい」です。私的には。

0218j.jpg
posted by Loucina at 13:04| グランブルーファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

現況:ゼノ・イフリートイベント真っ只中

火属性、土属性にテコ入れをします。

その発表があってからわずかな期間にこのゼノ・イフリート撃滅戦です。

納得のスピード感、非納得のドロップ率。

全然落ちません。

いや、正確に言うと一個落ちました。

違うかな、もっと落ちました。……イフリートハルベルトが。

モチベーションは、まだまだたっぷりあります。

というのも、モチベの補給源が確保されたためです。

グランブルーファンタジー、私がこのゲームを始めたのは、Rロザミアさんのイラストを見て、「綺麗な絵だなぁ」と思ったのがきっかけです。

やがてSRに昇格し、前年にはSSRにまで昇進しました。

2017年2月現在、R、SR、SSR全レア制覇はロザミアさんだけなような?

二周年アップデートが盛りだくさん過ぎて、意味不明になって、前任プロデューサーの言動に不信を覚え隠匿生活に入っても、Twitterで「ロザミア」という単語がトレンドに入ると「え?え?」となり、なけなしの宝晶石をはたいてガチャを引いたのもいい思い出です

それでも、前任プロデューサーが去って、アビリティレーンの実装など改善に次ぐ改善である程度モチベーションが復活したため、結構続けてはいるんです。

そんな時に、ある一報が。

チュートリアルパネルミッション完了報酬にSSR確定ガチャチケットが追加された、と。

そして、過去それがSR確定ガチャチケットだった時に引いたプレイヤーにはSSR確定ガチャチケットが配布される、と。

思いました。

なんて良い改善なんだ、と。

引きました。私心無く。

必要なキャラは沢山います。

ブランクがあるので、全体的にキャラが古いんですよね、私の場合。

でも、欲しいキャラはよくわからないのです。

強いて言えば、強い強いと噂のフェリさんくらいでしょう。

人の心には死角があります。

それこそ灯台下暗しという具合に。

ガチャチケットを引き、
0210c.jpg

虹を見ても、「誰が来るかな〜、私の場合運があまりないから、そんなに強いキャラは来ないんだろうな」とある種の諦念を持ちつつ画面を触ってみます。
0210d.jpg


と、この武器が出現。
0210e.jpg


名前や形は漠然と記憶にあります。
殆どゲームの細かいことは忘れ去っている私が覚えているということは、現役でカリカリやっている時にかなり印象に残っている武器&キャラだったはずです。
つまりはここでやっと死角に入っていた「本当に欲しいキャラ」の記憶が蘇り始めたのです。

ちなみにデュアルヘリックス=Dual(二重) Helix(螺旋)という意。

思い浮かぶのは、DNAの分子構造です。
0217g.jpg


覚えたはずのないものが思い浮かぶのが不思議ですが、これが二重螺旋構造とのこと。

そんな名前を冠した武器です。

本音と建て前、平常時と仮面の呪いが掛かっている時、と、二重の人格を際立たせているキャラクターに相応しいかと。

もしやと思いました。




というわけで、さらに画面をタップすると……、



・・

・・・

0210f.jpg



ロザミアさん……。

まさかと思いましたけど、現実です。

0210g.jpg


マイページ画面に設定したものの、
0211a.jpg

なんだかもったいないので、すぐに主人公のイラストに戻しちゃいましたが。

うまく言えませんが、いいです。とっても。

ささやかどころか、かなりのモチベ復活です。

SSRロザミアさんは仮面の呪いのせいでHPが回復し辛いですし、敵対心大幅アップの付いた連続攻撃アビリティがあるので、長期戦には向かないと言います。

でも私は知っている。

こういうキャラって最終解放で救済されることが多い気がする、と。

そして、もう一つ知っています。

私がこんな自分にとって都合がいい予想をすると、大概外れるということを……。

これだけは当たって欲しいなぁ。

今のままでも、十分強いと思いますけど。
posted by Loucina at 11:37| グランブルーファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする