2016年03月28日

ミスラ:及び三人目の十天衆

160328a.jpg

アフラ・マズダが、第19回目古戦場の目玉ボス・アーフラーの出典かな、というのは前回のお話

その調査過程で見付けたのが、ストーリーキャラクターの最終解放や、メインストーリークエストでかなり苦戦した「ミスラ」と、そのアフラ・マズダがイラン神話で同一視されている、という事実。

自動車メーカーのマツダが、社名を「matsuda」ではなく、「mazda」としているのは、、実はそのアフラ・マズダから採っているよう、というのは大昔に書いた記憶があります。
第二代社長のお名前が松田重次郎さんであったのにももちろん掛かっています。多分。というか、社長の名前が「松田さん」だから、mazdaという単語を使おう、となったんですよね、流れとしては。


グランブルーファンタジーをプレイしていると、豆知識が増えて行きます。
私的解釈なので、その出典と確実性にはあやふやなところがあるから、あまり記事の信頼性は高くないのですが……。


ともあれ、ミスラです。

なんでも、イラン神話に登場する最高神であり、英雄神とのこと。
また、ミスラはインド神話内で「盟友・友」という意を持ち、同時に「契約」という意味もあるという。
正確に言えば、「契約」に裏打ちされた「盟友」といった意味合いのよう。

メインストーリー内で、ラカム氏とノアさんが「固い」という以上の友情で結ばれていた理由はミスラが間に介在していたため。
というわけで、神話内の設定である、契約履行者としてのミスラの役割が正しく発揮されていると見えます。

ただ、神話についてもっと詳しく見てみると、ミスラが交わす契約には、ミスラと同じ古代インドの最高神であるヴァルナという水神(元は天空神)が関わってくるとのこと。
160328b.jpg
グランブルーファンタジーにも登場します。

ミスラの役割は、契約を「締結」し「祝福」すること。
そして、ヴァルナの役割は、その契約の「履行を監視する」と。
この契約に背いたものには厳しい罰が下されたと言います。


上記の通り、ミスラは古代インドでは最高神としてありましたが、ゾロアスター教ではアフラ・マズダこそが唯一絶対の最高神とされたため、こちらの教典内では中級の神と位置付けられるようになったそうです。


ちなみに、ミスラは軍神としての一面もあり、この場合戦場でミスラを先導したのがやはりゾロアスター教の英雄神ウルスラグナ。
変身を得意としていて、ミスラの前ではイノシシの格好をして現れる姿が宗教画としてよく描かれたそうな。

ウルスラグナ、どこかで聞いたと思ったら、
160328c.jpg
多分、シルヴァさんの解放武器・ヴリスラグナの元ネタかと。
ウルスラグナの綴りがVerethragnaなので、ちょっと読みを変えれば当てはまりそうです。







そして、今回のテーマのもう一つ。
三人目の十天衆をどなたにするか、です。

SSRキャラが一番少ない火属性の補強と、トレジャーハントを少しでも楽にできる(はずの)エッセルさんがいいかな、と思ったものの、目つきがきつい。
160328e.jpg
見るからにツンデレっぽくて、仲間に出来ればお気に入りになるんだろうな、とは思いますが、そこはさらっと流して……。


……なので、古戦場イベントの時の目玉狩りが楽になると噂されている、サラーサさんを目指そうかと。
見た目が犬っぽくて可愛い、そして強いらしいので。
160328f.jpg


とすると、強化していくのは三寅斧。
160328d.jpg
行きます、このまま。

寅=虎なので、「サンコフ」とか勝手に読んでたんですけど、実際は「ミトラフ」だそうで。

そして、このミトラという語。

古代インドでは「ミスラ」と呼ばれていて、それがヘレニズム時代に地中海世界に伝わり、名前が「ミトラ」と変わったという説があります。
紀元前1世紀から5世紀にかけて、ローマで隆盛を迎えた宗教の一派が「ミトラ(ス)教」だったという。

三虎斧の、「ミトラ」という読みは多分この「ミトラ教」を意識したものでは?という勝手な推量です。










posted by Loucina at 19:45| 十天衆への道 | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

七星剣 覚醒

7-1.jpg

四象イベントの一つ「北玄の戦い」が復刻。
と共に、報酬にクロム鋼も追加=ヒヒイロカネ二つ目を取得可能に。

十天衆を迎えるに当たって必要な素材の内の一つ、ヒヒイロカネ。
それを取れるとあっては、走らない理由もなく。

北玄イベント開催前の七星剣の状態は、
1202e.jpg
こういった様子。


ストーリーイベントのボスをいつも200体討伐まで完走しているためか、虹星晶はいつの間にか貯まっていて、少し不足していた分はショップで星晶塊との交換で穴埋め出来た、と。


そして、対玄武、対ネプチューン連戦を開始したわけですが、土属性パーティーの強化をサボりまくっていたためか、やたら苦戦します。
ストーリーイベント中心に頑張る人なので、土属性有利の時にしか当属性の強化ってあまりしないんです。
で、前回の土属性イベント有利のストーリーだったのって、いつだったかなと溯ってみると、七月~八月にかけて開催された『薫風、白波を蹴立てる』イベントが最後のような?
ストーリーイベントではないですが、対フェンリル戦もありました。
が、参加しなかったので、それは私の中では開催されていないことになっています。

なので、ただでさえ三体に分かれて時間のかかる玄武戦は長期戦に苦しみ。
この玄武戦の展開の滞り、前回開催時でもかなり不評だったので改善されているかと思いきや、そんなこともなく。
爽快感がないです。

というわけで、(私にしては)強化に力を入れている光属性パーティーで参加しているのですが、こちらの方が遥かに捗るという事態。
ソーンさんがいるというのが、やはり一番大きいです。

攻略Wikiでよく、ルシフェルいないとソーンさんの持ち腐れになる、みたいな意見がありますが、そういうことは全くないです。
ロボミさんやシュヴァリエ・マグナで十分運用できますし。

グランブルーファンタジー、強化の仕方は、武器、召喚石、キャラクターを揃えるという風に色々方法があります。
もちろん一番いいのは、その三種類をそつなく強化するのがいいのでしょう、きっと。
でも、強い武器、強い召喚石、強いキャラクターのどれか一つでも突出したものが一個でも手に入れば、それを生かすために同属性の強化を頑張ろう、というモチベーションになるかと。
それが私の場合ソーンさんだったわけで。
彼女をお迎えするため、迎えた後、活躍してもらうためにシュヴァリエ・マグナ装備を結構揃えましたし。
151213j.jpg
マグナ装備完成までにはまだまだですが、これだけ武器を敷き詰めて、スキルレベルを全部10にしてサポート召喚石にルシフェルがあれば、対ネプチューン戦でもMVPは珍しくないという。
サポート召喚石がロボミさんでも、最初の方から参戦していれば5位以内くらいにはなれます。
もちろん、強い方が上に固まっていれば10位以下になったりもしますがごくまれです。

上記書いたのは、自慢では無く、ルシフェルいないとソーンさんを生かせない、といった意見は嘘だと言いたいからで。
強くなる方法はいくらでもあるのに、唯一絶対だと考えている方法を示して、それが無いとダメ、という意見の方に反論したかったのです。

それと同時に、ソーンさんを狙っている方へのエールへなればという気持ちもあるのです。
召喚石が弱いから、とためらわないで欲しいな、と。
彼女の強さは召喚石の強弱の意義なんて吹き飛ばすくらいです。
と、マーケティング。別に運営サイドから頼まれていませんが。
ソーンさん仲間が増えるといいなぁ、という気持ちです。


えーっと、そう、話がずれました。

七星剣のことです。

Twitterでも書きましたが、星の古戦場イベント並にエリクシールハーフとソウルシードを消費しつつ疾走。
まとまって時間の取れる土曜日・日曜日のうちにクロム鋼の大半を集めてしまおうと。

いつもなら、まず走るための準備運動といった感じで報酬にあるエリクシールハーフやソウルシードから取りに行きます。
けれど、今回はもう最初からクロム鋼を取るだけにしました。
開催期間が短か目なので短期決戦仕様に頭を切り替えてです。

土日に大半を集める、そう書きました。
全部回収する気はなかったんです。当初は。
だけど、午後五時の時点で残り二個とかになったら、これはもう集めるしかないと。
玄武自発&片っ端からネプチューン飛び込みで、半ば思考停止しつつクロム鋼全回収。
普通に疲れました。
目がチカチカするくらい。
光属性パーティー、光というだけあって、みんなアビリティや奥義がピカピカ光るんですよね……。
通常版、β版、と共に視覚効果減少版みたいなのがあればいいのに、と思ったり。
あ、軽量版がそれかも……。


ともあれ、七星剣覚醒に必要な素材は揃えました。
151213b.jpg


で、早速七星剣・黒天を製作。
闇属性にしたのは、SSR剣だと風は風神剣、火はアンノウンソード、土は世界樹の晶剣、光はそのまま七星剣があるので、候補を水か闇属性に絞った結果の選択です。
水属性のSSR剣は、スキルが攻刃ではなく守護だけれど、デザインの綺麗さでお気に入りのマナウィダンブレードがあるから、それでいいかな、と。
151213k.jpg

だから、闇属性の七星剣・黒天です。
151213c.jpg


そして、ここまで来たら、ソーンさんの時と同様に十天衆との戦闘です。
151213e.jpg

お相手は十天衆頭目・シエテ氏。
151213g.jpg

確かめてもらいましょう、とこちらも全力で行きます。
151213f.jpg


いざ戦闘開始ですが、これだけ素材を揃えられるくらいだからそんなに苦戦しないで倒せるかな、と高をくくっていたわけです。

が、シエテ氏、冗談抜きで強い……。
キャラは、ドランク氏の飄々ぶりと被るのに……。
でも、そういえば、降焔祭イベントのドランク氏は、敵として出た場合滅茶苦茶強かったような。

そんなわけで、一度全滅しました。
エリクシールを一回だけ使えるので、それで復活してなんとか倒しましたが、さすがに十天衆頭目です。
エリクシール禁止だったら、私の強化ぶり(=未強化ぶり)では、多分今は勝てなかったでしょう。


称号も手に入れ、
151213i.jpg
シエテ氏をお迎えし、一息つきたいところです。

でも、北玄イベント報酬に、SSR斧・玄武甲槌があってしまうんですね……。






七星剣の属性ですが、水か闇で迷ったと書きました。

その後、土属性SSR剣である世界樹の晶剣・マグナの奥義が土属性ダメージ(大)ということを攻略Wikiの雑談板を見て知り。
SSR武器は、もれなく奥義のダメージが(特大)だと思っていたという……。

でも、そう知った後でもやはり悩みはしなかったかな、と。
世界樹の晶剣・マグナ、あれもデザインがいいですし。やっぱり見た目重視です。





posted by Loucina at 10:38| 十天衆への道 | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

二人目の十天衆

武勲・栄誉の輝きシステムが実装されて、一か月以上が過ぎ。
151125c.jpg
それをきちんと利用しているかというと、私に限って言えば、殆どしていません、という答えになります。

デイリーとか、ウィークリーとか、輝きを貯めるのが義務、みたいな雰囲気に馴染めなくて、これまで通り気が向いた時にHardのティアマトやリヴァイアサン等、その時強化したい属性のボスを倒してマグナアニマを貯めて、やっぱり気が向いた時にマグナボスを出す、という方法。

輝きは狙って貯めることはせず、気付いたら貯まっていた、という適当感覚でしています。


ゲームを義務にする、というのは、そのゲームを辞めさせる方法の一つにもなりうる、と。
そんな記事を読んだことがあります。他で書いたことがありますが、こちらでも引用。

ゲームばかりしている子供に困っている親は、普通なら「ゲームするのやめなさい」と注意するのではないかと思います。
が、とある親は逆で、ゲームをすることを子供に義務付けたんです。
「毎日欠かさずに、一日これだけの敵を倒して、これだけの経験値を稼ぎなさい」
といったように。

最初子供は喜びます。
親の許可が大々的に出て、ゲームを自由に遊べるのだから。

でも、時には子供だってゲームとは別のことで忙しく、最初に与えられた義務を達成できない日もあります。
そんな時にその親は「今日はノルマをこなしていないじゃないか」と叱るのだそうな。
そうすると、子供はいやいやながらゲームをするわけです。

そうこうしているうちに、ゲームという遊びが義務という、云わば仕事に変化してしまうわけで、つらくもなり、やがてその子供はゲーム自体を全く辞めてしまったそうな。


といった話もあり、私は義務としてゲームをしたくはないので、適当さを保ちつつ続けている感じではあります。

上の子供の話については賛否両論あると思います。
子供時代に、ある一つの楽しみを突き詰めて追及するのも、後の人生の良い経験になるような気もしますし。
それを、言い過ぎかもしれませんが、嫌らしいやり方で痛苦を伴う義務にさせてしまう、というのは大人側の論理からすれば正義なんだろうけれど、果たしてそれが本当に子供のためになるのか、と。

ネットゲーム廃人になりかけの子供には、もちろん有効だし、積極的に導入するべきだとは思いますが。

その辺は難しいです。


とと、要は義務的にゲームをしたくない、ということを言いたいのです。

もっとも、自分が狙っている武器を確実に手に入れられる、という良い側面もありますし、その恩恵に預かってはいるのですが。

視点をどこに置くかで見方も変わってくるかと。

とはいえ、私には輝きシステムはモチベーションとはなりにくいので、それを別のベクトルに求めました。

それが、二人目の十天衆。

八月に一人目の十天衆・ソーンさんをお迎えし、その時は二人目なんてずっと先になるんだろうなぁ、とは思っていたんです。

が、三か月後の十一月にアイテム欄を見てみると、古戦場武器解放に必要な素材の大半が揃っていることにふと気付き。

じゃあ、狙ってみよう、と決心。

時は、ウルトラグランブルーファイターイベント開催時、AP・BP半額キャンペーン期間です。
これがなければ、多分二人目の解放に腰を上げることはなかったかも。


攻略Wikiに行けば一通りの十天衆の能力を見ることが出来ますし、共闘やマルチバトルでとんでもないダメージを出している場合、大体十天衆が絡んでいます。
そういったことから、どのキャラが強いかはおおよそ分かってきます。
あと、戦闘終了後、MVPと準MVPの方のパーティーはマルチバトル履歴から辿れるので、それで見たり。


一人目を取る時は、あまり情報が無かったので、第一印象で綺麗可愛いソーンさんを選択。フェミニンに憧れた故に。
二人目はと言えば、その能力で取ろうと思い決めていました。

なので、トレジャーハントでいつも苦労しているので、そのトレハンの極みのようなサポートアビリティ=魔弾の射手(必ずトレジャーハント成功・アイテムドロップ率UP)を持つエッセルさんがいいかな、と漠然と考えていたわけです。
1202c.jpg
アイテムドロップ率UPというのが魅力です。まさに生けるホワイトラビット。いや、ホワイトラビットは生きているから人型ホワイトラビットです。いや、彼女はエルーンだから……、まあいいです。

そのため照準をエッセルさんに合わせていたものの、色々な方の挨拶欄を巡回していると、エッセルさん効果は体感できるほどではない、いやそんなことはない、といった風に二分されている感じで。
迷います。

というわけで、方向を大転換。

純粋に力が強いキャラを取ろう、と。

そして、MVPの報酬箱を狙おう、と。
その方がトレハンを積み上げるより手っ取り早いかも、と考えたわけで。


十天衆単独で見た場合、ずば抜けて力があると思われるのはサラーサさん。
1202d.jpg

どこか犬っぽい外見に愛嬌を感じます。

第三アビリティ、グラウンドゼロ=自分のHPを犠牲にして敵全体に無属性ダメージ(HPの99倍)が強力過ぎて、共闘で使うと評判が悪いらしいですが、それはそれ。
使いどころを考えれば、いいわけですし。使い手次第だと思います。


そして、十天衆を組み込んだパーティーで単独ではなく全体が強くなると思われるのが、シエテさん。

あ、でも、東京ゲームショーで発表された最高ダメージ構成は、主人公ホークアイ、ニオさん、ネツァワルピリ氏、ペトラさんのようです。


と、色々迷いましたが、アビリティの説明を読んで強さが分かりやすく、それから何よりマルチバトルでよく遭遇して、ボス敵のHPを急激に蒸発させているパーティーによくいらっしゃるのがシエテさんだったのです。


というわけで、私が二人目に選んだのは、シエテさん。
7-1.jpg
七星剣の解放を続けていればお仲間になる彼です。


二段階目、いや三段階目だったかな、シエテさん初見の時、
151119i.jpg
ひょろい……やっぱりエッセルさんにすればよかったかな、と思いましたが、

さらに解放を続けていると、ようやく十天衆の頭目らしい威厳あるイラストが見られて一安心。
151119p.jpg


そのセリフに不安を感じるのですが……、

他の十天衆は、
151119j.jpg
とのこと。

さらに、
1202a.jpg
と……。

すぐに冗談だと言い足しますが。(本当かなぁ)。

そういえば、似たようなことをソーンさんも仰ってました。
1202b.jpg


んー、十天衆って、ぼっちの集まり?、といった感想が思い浮かび。
修学旅行の時、班分けで誰からも組まれないで、残った人が集まったような班。
……親近感が湧きます。私もそんな感じでしたし。
修学旅行はなかったんですが。


順調に解放は進み、オルディネシュタイン、予見の双葉も集め、それから古代布も100枚意地で集めました。
AP半額キャンペーンの時に。

そして、段階としては最終まで来ているはず。
1202e.jpg
真なる~のアニマは、アニマフラグメントをショップで交換すれば揃えられます。

虹星晶も急がなければ、そのうち貯められる気も。
古戦場のボスがよく落とすので、そこで大半を得ました。
急ぐのであれば木曜日の紫菫の試練クエストを周回すれば何とか行ける、と。

なので、やはり問題はヒヒイロカネ。
今月四象の戦いの一つ、「北玄の戦い」が復刻されますが、そこで揃えられるかにかかっています。






レジェンドフェスが来たら、即宝晶石で回す、そう決めていましたが、今回はスルーでした。
スルーしようと決めていたわけでは無く、そうせざるを得なかったんです。

というのも、上記、古戦場武器解放がトントン拍子に進むので、宝晶石貯蓄を忘れていたんですよね……。
解放に累計2,000個の宝晶石が必要だというのをすっかり忘れていて。
レジェンドフェスを回すのに心もとない数しか手元に残っておらず。

ただ、年末年始にまた大きなサービスがあるかもしれないので、そのための温存、とプラスに考えることも出来なくはない、かと。
振り返って見ると、私的お好みNo.1キャラのロザミアさん(SR)をお正月にお迎えしているので、今回はSSRのロザミアさんを願いつつ、年末年始を待ってみようかと。









posted by Loucina at 13:15| 十天衆への道 | 更新情報をチェックする